HAPPY ENDING

私の日記です

2018年11月20日火曜日

気分転換に電車でいちばん近い街まで1人で出かけてみた。ロフトでクリスマスカード、無印でスポンジとノート、カルディでコーヒー豆とパッタイ、お肉屋さんでコロッケ3個とトンカツとアジフライを買って、うどんを食べて、好きな喫茶店でコーヒーを飲んで、夕方帰宅。かなりリフレッシュ。

夕ご飯は、買ってきた揚げ物(コロッケとアジフライが特にものすごく美味しかった)、レタスとパプリカとトマトのサラダ、昨日の残りのお味噌汁。私は白米を抜いた。昨日からダイエットのためにまた少しエクササイズを始めた。

私もよく知る弟の友達であり仕事仲間の男の子が心不全で亡くなった。まだ31歳くらいだと思う。突然世界から居なくなる。運命って最初から決まっているのだろうか。誰でも突然終わる可能性があって、それを知らないで生きているんだと思ったらすごく怖かった。夫とできるだけ長く一緒にいたい。

発見したのは弟らしく、その状況やその時の弟の気持ちを想像すると胸が詰まる。

2018年11月19日月曜日

やる気が出ない。気を抜くとテーブルに頭を乗せて横をただ見ている。

スーパーで牛肉が安かったので夕ご飯は牛肉の炒め物、レタスとパプリカ、玉ねぎと油揚げのお味噌汁、安納芋の焼き芋。夫の提案で、これから週に2回は夕食を粗食にしようということになった。

Amazonブッダボウルの本を注文したことを夫に話していたら、昔渋谷に大仏が置いてあるレストランあったよねという話になり、懐かしかった。ロックアップとか青龍門とか、あったよねー!とどんどん盛り上がり、夫がキリストンカフェの名前を出した時、盛り上がりが最高潮に達した。恥ずかしいような懐かしいような何とも言えない気持ち。

2018年11月18日日曜日

午前中は心が満たされなくて何もやる気が起きなくてつまらない気持ちだった。お昼にシャワーを浴びて着替えたら気分が変わって元気になった。

夫が午後少しだけ仕事に出かけていったので、私は「マスターオブゼロ」を見て過ごした。

夕ご飯は昨日の鍋の続きと、ゼリー。

Facebookに昔同じ職場だった後輩の男の子からメッセージが来ていた。私のことを慕ってくれていた子だったので懐かしい気持ちで返信。LINEに移動し近況報告などして、また飲みたいねーなどと話していると、唐突に私の容姿を褒めてきた。は?と思った。なんかすごく嫌だった。自意識過剰かもしれないけど、何かを期待されているみたいな気がした。ナメられてる気もした。がっかりした。「え?」というハリウッドザコシショウのスタンプを返すと、冗談めかした返事が来たけど、既読スルーした。

2018年11月17日土曜日

何もやる気が起きず。遅く起きてご飯を食べて3時間昼寝。夕ご飯はとり野菜みそ鍋。今年は白菜と豚肉を死ぬほど食べている。

痩せるためには食事制限だけじゃなく運動も必要なんだよね。嫌だな〜。太ったのって、排卵誘発剤の副作用じゃないのかなあ。違うか〜。

不正出血、止まったと思ったらまた大量に出た。怖いよ〜。お腹めっちゃ張るし。

Netflixで「マスターオブゼロ」見始めた。

まんぷく」の録画を見ていて、ふくちゃんが妊娠3ヶ月でみんな喜ぶ場面、良かったね〜という気持ちと羨ましい気持ちで涙が出てしまった。このまま私たちに子供ができなかったら、これからこういう場面とか赤ちゃんが生まれた場面とかを見ると夫との間に気まずい空気が流れるようになっちゃったりするのかな、と思った。そう夫に言うと、「なんで?そんなことないでしょ」みたいな反応だった。私はこれからずっとこういう場面を見るたびに悲しい気持ちや羨ましさや申し訳なさが少しだけは必ず生まれるような気がする。

2018年11月16日金曜日

朝起きるのが遅くなってしまい、お腹が少し痛いというのもあったので、お弁当を作らなかった。朝のリズムが何となく狂ってしまい、夫を送り出した後Netflixで「SKOOP!」とあいのりを見て、ぼーっとした。

お昼頃ようやく動き出し、図書館と小さいスーパーへ。午後は早めに夕飯の準備を済ませた。

夫が風邪気味なので夕飯は鳥雑炊、ミネストローネ、大根サラダ。私は相変わらずお腹が張っている。もし変な病気だったら嫌だな〜。

夫が早めに布団に入ったので私は暇を持て余し、キャロットマフィンを焼いた。そして食べた。また太っちゃうよ…。

2018年11月15日木曜日

不正出血で気が滅入っていてどこにも出かけたくなかったけどスーパーには行った。

夕ご飯はチーズタッカルビパクチーとトマトのサラダ、昨日の残りのお味噌汁。 

下腹部がうっすらとずっと痛くて、お腹も張る。

雨宮まみさんが亡くなって2年だって。私もひっそりと思い出しています。

2018年11月14日水曜日

病院へ。出血の量が多いので、先生もびっくり。診察中、先生がもう1人の先生に声をかけて2人で話し合っていたが、この時期にこんなになるのは先生方も経験がないらしく、原因がわからない。卵胞は18ミリに育っていた。

病気は考えにくいので、ホルモンバランスが乱れて内膜が剥がれたのだろうとのこと。1週間待っても出血が止まらなければ処置が必要、出血が止まればそのまま一ヶ月基礎体温をつけながら様子を見ることになった。大きなショックを受けるようなことはなかったかと聞かれたけど、心当たりはない。ただ、出かけたり母が来たりして生活のリズムがいつもと少し違ったかもしれない。母が来ることが、自分で思う以上に負担だったのかもしれない。

ホルモンの薬飲んだり注射打ったりして、体に負担がかかってたんじゃないのかな。自力でちゃんと排卵されるように、どうやったらなれるんだろう。漢方がいいかもしれないと思って調べたら、すごく高かった。

生理のときよりサラサラの血が出る。量も多いので怖い。

夕ご飯はロールキャベツ、キャベツのピクルス、長ネギと切り干し大根のお味噌汁。

母は1人で観光して実家に帰った。