HAPPY ENDING

私の日記です

2021年5月9日日曜日

私はすっきり目覚め、夫の咳と頭痛はだいぶ治まり、空は晴れ。散歩に行った。

20分ほど歩いたところにある住宅街が、とても千葉っぽいというか、海浜幕張の感じがした。自宅周辺と同じようにマンションや団地が立ち並んでいるのに、雰囲気が全然違うのが不思議だった。

珍しく私はいくらでも歩けそうなくらい元気があったが、逆に夫は(病み上がりなので)どんどん口数が減っていった。夫の体調がまた悪くなりそうだったので、隣の駅まで歩いたところで電車で帰ることに。私はもっともっと歩きたかった!

夕方、2人で本棚の組み立て。よく頑張った。

商店街で買ったおにぎり、駅ナカで買った天丼とタルト、全部すごく美味しかった。

2021年5月8日土曜日

朝イチ、夫のPCR検査の結果が判明。陰性でした。だろうと思ってはいたものの、結果がはっきりしたことで気持ちは安堵し、夫は結果を聞いた直後から心なしか倦怠感が治まってきたと言った。

今日か明日、本当は下北沢に行きたかった。でも行けない。食料の買い出し以外、私には不要不急なことしかない。下北沢に行く代わりに食料の買い出しに出て、ついでに本屋で文庫本1冊と「女の園の星」1、2巻を購入して帰宅。

女の園の星」、もっと早く読むべきだった。最高。私は漫画があまり得意ではないので、とりあえず読んでみるというハードルが高い上に、読んでもその良さがうまく理解できないことが多々ある。そんな中でこれ。最高。登場人物全員良すぎるので絶対に実写化しないでほしいと強く思う!イメージを崩さないで…。

夫の陰性がハッキリしたので今日からまた隣で寝られることになり、嬉しい。

2021年5月7日金曜日

夫はまだ頭痛が酷いらしい。咳も、一度咳き込むとなかなか止まらない。仕事は休んでいるが、やらなければいけないことがあるらしくパジャマ姿で一日中PCに向かっていた。ほとんど喋らず。話しかけにくい。

夫のテンションが上がったのはドラクエウォークで共にメガモンと戦ったときだけ。それ以外は黙り込んで、時に咳き込んで、辛そうに作業していた。

私は家事をし、食事を作り、飲み物を用意し、合間に「This is us」を見て過ごした。

2人の3食+2人の飲み物(何度も飲む)となると準備するのはもちろんだけど、片付けるのがだいぶ面倒。洗っても洗ってもすぐにまた洗い物が発生して、終わりがない。ずっとキッチンに立っている気がする。つらい。

もし夫がテレワークになったら、毎日こんな感じなのかな。気持ちも体も休まらないね。

今日も呼吸を意識してしまい息苦しくなる瞬間が何度かあった。

自由に出かけたい。何も気にせず好きなところに行きたい。

見たい展示、見たい映画、見たい演劇があるけど、今リスクを冒して外出してまで見なくてはいけないのかと自問自答して、諦める。本当は行きたい。Twitterで人々が色々なものを見に行ったり、食べに行ったりしているのを見て、羨ましいと思う。私だって行きたい。でも私は外出しなければいけない理由が見つからない。「見てみたい」だけじゃ動機が弱い。見てみたい気持ちは抑えるしかない。どうせ、どうしても何があっても絶対に見たいものや行きたいところなんてないんだから。ぼんやりとした欲求しかないんだから。不要不急なことしかないんだから。行く必要があるのはスーパーとカルディとドラッグストアだけ。逃げ場はない。家にいるしかない。

自粛生活に限界を感じる。つらい。

2021年5月6日木曜日

実は大学を卒業できてないという夢をまた見てしまい、焦って目が覚めた。卒業できないまま除籍になったかもしれなくて、親に何て伝えればいいのかわからず、親が死ぬまで黙っておけばそれで済むのではないかと目論んでいた。親が早くいなくなればいいとまで思って、自分を守るためにそんなことまで考える自分が嫌だった。親に事実を伝えて素直に謝るということができずどうにか誤魔化してやり過ごそうとするのは、子供の頃の経験が根っこにあると思う。

朝、夫の熱は完全に下がっていたが、咳が酷くなった。発熱相談センターに電話をして近くの病院を教えてもらい、受診。血液検査ではウィルスや細菌感染の可能性は低いとのことだが念のためPCR検査をしたとのことで、明日か明後日に結果がわかる。咳止めの薬で咳が止まらなければ、喘息の可能性もあるみたい。

熱の原因はなんだろう。疲れかな。最近珍しく愚痴も多かったし、異動で環境が変わって、精神的にも肉体的にも無理していたのかも。気づいてあげられなくて申し訳ない気持ちになった。ごめんね。

夜、咳と頭痛は相変わらずだけど、コロナの可能性は低そうということで安心したらしく、少し楽になったと言っていた。

 

2021年5月5日水曜日

夫の熱はカロナールを飲まなくても36度台後半〜37度台前半に。咳が増えてきた。頭は重たい感じがするらしい。

私は朝、息が苦しくなってパニックに。鼻と喉の境目に違和感があり鼻をかんだり咳払いをしたりしていたら、突然息が苦しいことに気がついてしまった。というか、呼吸を意識してしまい、うまく空気が吸えていないような気がし始めた。ベランダに出て何度も深呼吸をしても苦しくて動悸がして汗が滲んで、指先の感覚が弱くなっていくようだった。喉が痛いのかもしれなくて、気休めに龍角散を舐めたらますます息が苦しくなって吐き出した。寝てしまえば治ると思い横になったが、苦しくて気が狂いそうで飛び起きてベランダに出てしゃがみ込んで深呼吸を繰り返した。このままずっと苦しかったら死んだ方がマシだと思った。精神的なものとは思えないくらい実際に本当に息が苦しくて、酸素が足りないとしか思えなかった。

昔買ったブリーズライトがあるのを思い出して鼻に貼ると、呼吸がしやすくなった。なぜかペラックも飲んで布団に横になると、今度はそのまま眠れた。寝て起きると治っていた。

その後も、何かの拍子に呼吸を意識してしまうとまた苦しくなった。普段無意識に呼吸ができていることが不思議。呼吸ってよく考えたら怖い。酸素がうまく取り込めなかったら苦しくて死ぬのに呼吸は無意識って、どうなの?大丈夫なの?

夕方になると夫はだいぶ回復。咳だけは増えている。明日病院にいくことに。

 

家の照明でまだ悩んでいて、もう無理、決まらない。悩んだところで正解を選べるとは思えない。高いものを買ったところで、どうせ失敗する。悩んでいるところに引っ越しを控えた親友から「リビングの照明を決めた」とLINEがきた。添付の写真を見ると、親友のイメージにピッタリなデザインかつ明るさもサイズも金額も絶妙な、正解としか思えないチョイス。それを見て自分はどれを選べばいいのかまたわからなくなる。

2021年5月4日火曜日

夫、38度の発熱。会社と家の往復のみで過ごしているが、電車で通勤している時点でコロナのリスクはある。念のため隔離して過ごすことに。カロナールを飲むと熱は下がったが、咳が出ている。頭痛もあるらしい。

明日も続くようなら、病院かな。

夜、夫からちょっとした用事を頼まれて外に出たら、躓いて転んでしまった。子供が転ぶみたいに勢いよく前に倒れた。41歳なのに…。右膝を擦りむいて血が滲み、痣までできてしまった。

ずっと照明で悩んでいるので何を見ても照明にばかり目がいく。

明日は夫の熱が下がりますように。

2021年5月3日月曜日

夫と散歩に。

電車やバスには乗らず、住宅街や商店街を歩いて、荒川の土手に出た。空が広い。シロツメクサの絨毯。家族連れや若者たちのグループ、カップルがそれぞれの時間を楽しんでいる。

東京を歩くのは楽しい。人がいるからかもしれない。

古い喫茶店みたいなお店でご飯を食べた。ランチの時間から外れていたので空いていてよかった。ライスの量がとんでもなく多くて絶対に食べきれないと思ったのに、意外といけた。自分の胃を見くびっていた。甘ったるいパインジュースが美味しかった。

カルディとスーパーに寄って帰宅。

たったの3時間。たったの7.5キロ。それなのにすごく疲れたし、まるで旅行に行ったかのような気持ちになった。

東京をたくさん歩きたい。